情報システムご担当の皆さまへ

職場意識改善助成金(テレワークコース)をご存知ですか?

平成26年4月より新設された厚生労働省による助成金です。厚生労働省委託事業として「テレワーク相談センター」が窓口となって受付をしています。妊娠・育児、家族の介護、身体障害者などの通勤が困難な方々が継続的に就労できる職場環境を整えることを目的とした助成金です。最長半年間に渡り、1人当たり6万円、1企業当たり150万円を上限として、75%の助成が頂けます。この機会にテレワークの導入という観点から社内情報システムのクラウド化を検討されては如何でしょうか?既にお気付きのこととは存じますが、テレワーク環境を整えることにより、結果的に多くの情報システム環境改善の課題が解決されます。

社内情報システムのクラウドへの移行をお考えですか?

 社内情報システムのクラウドプラットフォームへの移行をご検討中の皆さまで、クラウドへ移行しても運用コストが安くならないとお考えの皆さま、他社仮想デスクトップ・サービスに比べて大変廉価なアプリケーション配信管理サービスをご用意しております。社内情報システムの運用コストの削減にご活用ください。クラウドプラットフォームへの移行のお手伝いもさせて頂きます。

今お使いの仮想デスクトップの操作性に問題はありませんか?

 すでに仮想デスクトップをご利用中の皆さま、今ご利用の仮想デスクトップの性能に満足されていますか?これまでお使いになっていたパソコンのデスクトップに比べて仮想デスクトップは遅いと感じてはおられませんか?その遅さに我慢されることはありません。国内においていくつもの大規模導入実績を誇る弊社のプレゼンテーション仮想化(シンクライアント)技術GO-Globalを是非お試しください。その操作性の違いに驚かれることでしょう。

クラウドサービスの導入後の運用管理にお悩みではありませんか?

 クラウドサービスを購入する際の面倒は我慢するとしても、導入してからあとの運用管理が意外と面倒なのはご存知でしょうか?複数の異なるプロバイダーのクラウドサービスを導入されている方々は既にお気付きでしょうが、その管理負担は思いの外重荷になって参ります。これは、それぞれのサービスプロバイダー毎に、ユーザ管理から始まっていろいろな運用管理のための手順やユーザインターフェイスが異なることに起因します。だからといって、クラウドサービスの管理のためのシステムを利用者自ら開発するというのではクラウドサービスを導入するメリットが半減してしまいます。弊社では、いろいろな異なるサービスプロバイダーから購入したクラウドサービスを統一的に管理運用するツールをクラウドサービスとしてご提供しています。複数の異なるプロバイダーのクラウドサービスをご利用の皆さまは是非ご検討ください。

従業員の皆さまお一人お一人に独立したパソコン環境を

 社員の皆さまお一人お一人に一台ずつパソコン環境をご用意されるのは経済的に負担が高いと思われていませんか。幾人もの社員の方々が同じパソコンを共有するのは社内セキュリティ対策上好ましいことではありません。是非弊社クラウドサービス「きっと”どこでも”アプリ」の活用をご検討ください。社員の皆さま全員分登録されても、お一人お一人がパソコンやスマートフォンなどの端末を何台登録されても、課金されるのは同時にお使いになる人数分だけ、余分な費用は一切掛かりません。月々の費用も固定ですので、今月は使い過ぎたかなどと心配される必要はありません。

BYOD(Bring Your Own Device)に関心は?

 昨今流行のBYOD(Bring Your Own Device)、要は社員、従業員の皆さんがお持ちのスマートフォンやノートパソコンを使って会社の仕事をできるようにしようということでしょうか?会社にとっては設備投資を抑えることができますが、個人所有の機器を使って会社の情報システムを使わせるなんて本当に大丈夫なの、セキュリティは、情報漏洩の問題はと、いろいろ気になることが多すぎてそう簡単には実現できないのではと思われていませんか?これもクラウド技術を使えば、特別な開発投資をしなくても実現できます。ご説明致しますので、弊社までお声をお掛けください。

在宅勤務、リモートワーク支援のためのクラウド活用

 高齢化が進み、就労人口が減るなか、社員、授業員の皆さまを確保するのにいろいろと経営的工夫が必要になっています。そんな労働市場の変化を受けて、在宅勤務やリモートワークという考え方が注目され、厚生労働省もそのような雇用形態のガイドラインを示しています。そのような雇用形態を可能にする鍵はもちろん情報システムにありますが、その情報システムを自前で構築するのは中小企業にとって容易なことではありませんでした。今、クラウドがそれを誰にも可能にしました。在宅勤務、リモートワークをご検討中の皆さま、是非、クラウドの利用をご検討ください。お手伝いをさせて頂きます。