システムインテグレータの皆さまへ

私たち「株式会社きっとエイエスピー」創立の基礎となった「株式会社計算機科学研究所」も小さなシステム受託開発会社として1980年代にその歩みを始めました。1990年代の不況の中「株式会社計算機科学研究所」は既に衰退の兆しが見られたシステム受託開発市場から抜け出すためにさまざまな試みを繰り返していました。

 そして、当時市場に登場したASP(Application Service Provider)というサービスモデルに活路を見出すべく「株式会社きっとエイエスピー」を設立し、ASP(Application Service Provider)というサービス事業に参入するための礎としたのです。以来、私たちは、十余年を掛けて”単純受託開発事業”から抜け出し、”技術製品再販事業”へと歩みを進めることができました。そして、今、私たちは、次の十年で”技術製品再販事業”から抜け出し”サービス開発販売事業”へと歩みを進めようと試みを始めたところです。

 そのような私たちですから、クラウドサービスへの移行が明らかになった今日の情報通信技術市場におけるシステムインテグレータの皆さまのご苦労を理解することができます。そして、私たちが積み重ねてきたクラウドサービス市場へ移行するためのノウハウを皆さまと共有できればと考えております。

 この十数年掛けて、私たちは、クラウドコンピューティング・プラットフォーム上で役に立ちそうな技術製品およびサービスをミドルレイヤー技術に絞って集めて参りました。それらはすべてシステムインテグレータとしての立場から、クラウドサービス・ビジネスに取組むための道具でもあります。これらの技術製品およびサービスが、システムインテグレータの皆さまが新たなクラウドサービス・ビジネスに取組まれる上でのお役に立つことを願っております。是非、その活用をご検討頂ければと存じます。

私たちは、「クラウドサービス・ブローカ」と「クラウドサービス・インテグレータ」という存在を重視し、そのためのクラウド技術を「オンプレミス」でも「オフプレミス」でもご利用頂ける体系をご用意しております。これらをご利用頂ければ、特定のクラウドサービスに縛られることなく、自由に皆さま自身のクラウドビジネスモデルを構築することができます。