ソフトウェア・ベンダーの皆さまへ

初期費用負担のない、クラウドサービス化をご提案致します

 パッケージソフトウェアのクラウドサービス化をお考えであれば、弊社のプレゼンテーション仮想化技術GO-Global for Windowsを使ってサービス配信することをご検討を頂けませんか?貴社のソリューションをホスティングするデータセンターについても、よろしければ、弊社提携データセンターをご紹介致しますし、GO-Global for Windowsのライセンスにつきましても月額料金をご用意致しましたので、初期投資のご負担を頂く必要はありません。また、ホスティング環境を運用することがご負担であれば、弊社のクラウドホスティングサービスをご利用ください。こちらも月額料金でご提供しておりますので、お客さまによるご利用開始まで費用をご負担頂く必要はありません。

スマートフォン、タッチパッド対応はお済ですか?

 未だお済みでなければ、弊社取扱いプレゼンテーション仮想化技術製品GO-Global for Windowsをご検討ください。GO-Global for Windowsを使ってWindowsサーバ上でホスティングするだけで、アップルiPhone、iPad、グーグルAndroid等からのご利用が可能になります。あっけないほど簡単です。パッケージベンダーの皆さまにご負担を掛けないよう、月額レンタル制度をご用意致しました。動作、性能評価につきましても、お試し頂けるクラウド環境を無料にてお貸ししています。

マルチテナント対応やサービス売買に必要な機能もご提供

 パッケージソフトウェアのクラウドサービス化といっても、単にクラウド上でホスティングしてそれを配信するというだけで済むわけがありません。プレゼンテーション仮想化ではサポートされないマルチテナント化の問題や、クラウドサービスを売買するための仕組みが必要になります。これらの問題を解決する方法として、Jamcracker Service Delivery Networkのウェブストア機能をクラウドサービスとしてご提供します。詳細につきましては、弊社までお問い合わせください。