監視ツールとしての"Cluster Manager"

主な機能

  • GO-Global for Windowsサーバのローカル情報を監視
  • 自動的LAN内に在る別のGO-Global for Windowsサーバを検出
  • 全体のセッション数の表示
  • セッション一覧を表示

制限事項

  • UDPベースであるため表示内容に制限がある
  • 空きセッション数の表示がない
  • GO-Global for Windowsサーバ停止時には閲覧ができない


GGEasyMonitorによる監視

監視機能

  • Cluster Managerが取集した監視情報を集約管理
  • セッション数の状況報告(現在の状態、最大数、利用率)
  • 最終監視時刻の
  • 利用可否情報
  • 個別セッション情報(アカウント名と開始時刻)

GGEasyMonitorによる振分け

主な機能

  • 監視機能を利用してセッション数の少ないサーバを選択
  • 特定のユーザを特定のサーバへ振り分けることも可能
  • 設定で多重ログオンを拒否することが可能
  • Android、iPad、iPhoneなどのスマートデバイスではURLスキームで専用クライアントを起動して接続することも可能
  • 監視画面から振り分けを止めることもできます。(例えば、サービス時間外やメンテナンス中などの場合)

GGEasyMonitorの機能と構成のまとめ

  • サービスAPSの監視
  • 監視情報の通知(エージェント機能)
  • 監視情報の集約(サーバ機能)
  • GO-Global for Windowsサーバ群の監視情報の表示(独自ウェブサーバ機能)
  • 監視情報によるログオンの負荷分散
  • 監視データをメモリ上でXML形式で管理(データベース・システム不要)
  • 軽負荷のためGO-Global for Windowsサーバ上に同居可能(小規模構成では専用サーバが不要)