シンクライアント技術を活用したネットワーク分離は

セキュリティ強度の高いシステム構成を可能にします


セキュリティ対策としてのネットワーク分離導入前


外部攻撃対策:インターネット参照系のネットワーク分離

これで電子メールやインターネットブラウザ経由での外部攻撃からパソコンの中のデータを守ることができます。


情報漏洩対策:文書情報処理系のネットワーク分離

織内文書情報が外部に漏洩するのを防ぐための対策です。文書処理系のアプリケーションとそのデータをシンクライアント・サーバで閉じ込めてしまいます。


情報漏洩対策+外部攻撃対策

内部からの情報漏洩も、外部からの攻撃も共に防ぐためのシステム構成です。これで、クライアントパソコンを守る必要がなくなりますから、パソコンのセキュリティ対策が不要になります。


シンクライアント技術による、より複雑なネットワーク分離